水道工事のお兄さんの話術とは?

日頃から会話術には興味をもっており、分析も好きですが、
先日も素晴らしい話術を持つ人に会いました。
自宅の風呂場の水道工事をお願いしたのですが、
そのときのスタッフの若いお兄さんの話がとても面白い。
しかも雑学に長けているのです。
どんな話も切り返して感心する答えをくれるんです。
「以前はどんなお仕事を?」と聞いてみたら「大道芸人でした」とのお答え、なるほどです。
大道芸人が多く所属する事務所なんかがあって、
みなさん技術を磨くそうですよ。

カテゴリー: トレーニング | コメントする

発泡スチロールなような会話メソッド。

会話にワンクッションを置く。とよく言われます。
矢継ぎ早に話を続けていては、自分のペースはおろか、
相手のペースも乱れ、会話を弾ませる事が難しくなります。
このワンクッション、私はハリウッド映画手法と独自で命名し、
自分メソッドで使っています。
どういう事かといいますと、少しだけ話題の違う話を盛り込むのです。
ハリウッド映画は中盤に無くてもストーリー上問題のない小話を挟む事で有名。
それを会話に用いる方法なんです。
いわば発泡スチロールのような会話の緩衝剤。
メインの話だけでは疲れるし膨らみが足りなくなる、
そんな時は是非活用してみてください。

カテゴリー: トレーニング | コメントする

おかしな株式会社を設立には、口の上手さが必要。

世の中には普通に生活していれば、まったく訳のわからない会社が存在します。
株式会社を設立するにはお金と手間がかかりますから、
簡単に始めた訳ではないのに「?」と思わざるを得ないのですから、不思議なものです。
たとえば、コンサルタントというと聞こえは良いですが、
各分野で個人に向けた成功法を教示する会社。
普通に考えれば、ノウハウを牌を削ってまで教える聖人君子はいないのに、
信じきって大枚を叩く人がいます。
こういう会社の場合、システムというより口が上手い事が多いのです。
上手に会話が出来るようになっても口が上手い人間にはなりたくないと私は思います。

カテゴリー: トレーニング | コメントする

水道屋で試します。

初めて会う人との会話は、困ってそして上手く話せないですよね。
勇気を出して、話してみてもいつの間にか
質問だらけの一方通行になっているなどよくあるケースです。
気の置けない人であれば、なんとなくの方向性があってきますが、
初対面の人にはデータがないので質問の嵐になりがちですが、
これを回避する方法があります。
質問後に自分のケースを話すのです。
自分の手の内を明かす事で相手の緊張を解き
自分のペースにも持って行きやすくなります。
話すぎは注意が必要ですがオススメです。
さて私は明日来る水道屋さんにこれを試してみますよ!

カテゴリー: トレーニング | コメントする

なんでも屋さんに頼もうかを真剣に悩む!

私としては、かなりの勇気が必要な講演会での司会進行役。
なぜ、口下手の私が選ばれたかというと、上司が講演するからで、
日頃の資料のまとめや進行に定評のある私に白羽の矢がたったわけです。
褒めてもらうのは嬉しいのですが、まさかこんなことになるなんて…
資料なら喜んで作るんですが…。
ともいってられませんので、日々練習です。
ですが人前で緊張する性分のため、人前での練習が必要なんです。
真剣になんでも屋さんに聞いてもらおうかと悩んでいます。
忙しい同僚には頼めないし…。

カテゴリー: トレーニング | コメントする

「ワイヤレス給電」ってご存知ですか?

若者のコミュニュケーション不足が毎年問題になりますが、
古代の遺跡からも「今の若者は…」なんて
出ているくらいですから、どの世代も
五十歩百歩だと言えるでしょう。
とはいえ、コミュニュケーションは
社会を渡る上で必要不可欠。
私が会話が上手になるよう心がけている事の一つに
「会話で出た知らない語句をしっかり調べる」があります。
これを行う事で、次回話をした際にしっかりその事について
自分の意見を交える事が出来るから。
返事だけでは、話は盛り上がりませんからね。
因に直近の語句は「ワイヤレス給電」でした(笑)

カテゴリー: トレーニング | コメントする

「お風呂の排水がつまり」を英語でプリーズ。

英語の会話を上達する為には、日常的に使う言葉を
覚える事が近道と聞きました。なんだか納得。
会話が下手な人は、あまり人と話さない事と、
難しい語句ばかりを覚える癖が多く、会話をすると
その言葉のチョイスの落差に驚く事があります。
英語の話ばかりで恐縮なのですが、
英語を覚える事で考え方や表現が増え
会話が上手になるとも聞きました。良いですね英語。
私も今からでも覚えようかな?
日常的によく使う語句…
お風呂の排水がつまりなんだけど、また直しといて」は
英語だとなにかな?

カテゴリー: トレーニング | コメントする

録音・テープ保管で会話上手に。

自分のスピーチを録音してを聞き返す事が上達のコツだと本で読んだ事があります。
会話も同じで、録音して聞き返してみると問題点が浮き上がり、上手になると思います。
ただ、スピーチと違い若干の恥ずかしさは否めませんが。
私も学生の頃の自分のプレゼンをテープに録音した経験があります。
今でもテープ保管されているはずですが、きっと今聞くと悶絶必死だと思います。
ちゃんとした会話でなくとも一人で会話のシュミレーションで録音してみるのもいいかもしれません。
一つ注意するとしたら終わったら速やかに処分することです!

カテゴリー: トレーニング | コメントする